×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

存在理由レーゾン・デートル





壊しては、いけない。


無神経にもその子に吐いたのは、何度目だろうか。

封神計画なんて影も形も無かった頃、私は元始天尊さまに要請されて『霊珠』の研究を始めた。

「必要になる時がくる」という元始天尊さまの言葉に疑問を持たないことは無かったが、私自身、『宝貝人間』というものの研究にはとても惹かれることもあり、それこそ昼夜を徹して研究に励んだ。

「いつか必要になる時」の為に造られた、物を壊す者。

生まれながらの戦士、と出会った人々は彼を形容した。


生まれながらの戦士。

彼にとって、『壊す』ことが必要とされる理由であり、『壊す』ことが存在する理由。

不安が無かったとは言えない。


いつか、この子が『壊す』べきものを失う時代がやって来たら、この子はどうなるだろう?


私達にとってみれば、そんな時代ほど望まぬものはない。

しかし、彼からすれば、それは紛れもなく『自分が必要とされない時代』。


『霊珠』を研究している間も、不安は頭の端にちらついていた。

それを、元始天尊さまのいいつけだからと言い訳を立てて、自分の興味の為に頭の隅から追いやり、彼を生み出したのは、私の責任。

彼には、なんの罪もない。

いつか、『封神計画』の名の下に、彼が戦火に身を投じるようになった頃、友人に相談したことがあった。

友人は表情も変えず、淡々と答えた。


彼は必要とされている。


私が、それは今の時代だからだと反発しても、彼はその時の私には理解し得ぬ理由によって、答えを変えなかった。


本質は、変わり始めているよ。


そう言った後は、私が何を言っても、一言も答えなかった。





それから、彼は『封神計画』において、素晴らしい功績を挙げていった。

最後の戦いにすら、スーパー宝貝を持ち、宿敵・妲己の妹や、『始まりの人』と呼ばれる未知の相手に、それこそ対等以上に渡り合った。

そして、長き戦いの歴史を経て、私達は戦わずに生きる時代に立っている。

彼は、様々な経験を経て、様々な人々と交わって、気付くと、『護る』ということを知っていた。


いつから彼は、『壊す』ことに恐怖を覚えたのだろう?

いつから彼は、『壊す』ことの意味を考えるようになったのだろう?




私はいつもの日課に従って、今日も友人の下を訪れる。

私の顔を見て、友人は答えた。


「生まれさせたのは君の責任。でも、生き方を選んでいくのは彼の責任だよ。」